M0ゼミはCh.2に入り、SUSY QMの導入を少し聞いて来週から本文に入ることになった。少し勉強したつもりだったが、何一つわかっていない勘違いをしていたので、まだまだである。この調子だとCh.3の担当になりそうである。

 

量子群ゼミに参加している友人に双代数とその例であるところの有限群上の函数環の話を聞いた。相変わらず説明が分かりやすくてありがたかった。金曜の午後は毎週こんな感じで過ごせると最高だと思う。

 

ポルチンスキーゼミは無難に終わったが、だるい計算を友人に丸投げしてしまったので少し反省している。僕はとりあえず手を動かそうとしないタイプだと今日も認識させられてしまった。これは本当になんとかしないとまずいと思う。

 

コロキウムは超重元素の合成の話でとても面白かった。核融合ダイナミクスを考えるときは原子核の形状も考慮する必要があるらしい。ごちゃごちゃした原子核の多体系を様々な手法で解析しようとしている姿に面白さを感じた。僕の現時点での興味と照らし合わせてもこの方向に進むことは大いにあり得るので、勉強してみたいと思った。特に最近特別実験でやっているようなことに関係していそうな修士論文が紹介されていたので読んでみたいと思う。修士論文の冒頭を読むと日本語でその分野の概要がわかりオススメ!みたいのをtwitterかどこかで見たので、そういう意味でも試してみようかなと思う。また摩擦の量子論なる金井モデルというのもあるらしく調べてみようと思う。指導教官が積極的に質問をするタイプの人間で尊敬しているので、僕も質問するぞーという気持ちで最近はなんでも聞いているんだけど中々難しい。要努力。