今日は清水さんの熱力学を読んでいた。以前から何回か読んでいたつもりだったが、よくわからず雰囲気で読んでいることがわかってしまった。(多分今回も理解不足な点が多々あるだろう。)特に準静的操作についての理解が浅すぎた。熱力学に関しては一から自分で理論を構成することが全くできないよなぁと前々から思っていたので、このタイミングで復習ができたことは良かった。数理科学の田崎さんの記事は簡潔に統計力学の基礎がまとめてあって、良い文章を書く人だなぁと思った。田崎さんの統計力学は昔はとっつきにくかった(誤差の評価など細々とした議論が得意ではないため(今となってはそういう議論をしっかりすることの大切さも少しはわかったつもりでいる))が、今となっては必要なことがしっかり書いてあるなと感じる。

 

同じく数理科学に載っている河東さんの記事のインパクトは強烈で、これからも度々読み直し刺激をもらおうと思った。