久しぶりに外出したら生活リズムが元に戻った気がする。嬉しい

最近一日の内、起きている時間が8時間くらいしかない。雨が降っていると外出するのが億劫になり、部屋にいると寝たくなってしまうので仕方ない。雨やめー

相関基礎に合格していた。少なくとも大学院浪人の可能性はなくなったので良かった。本郷にも合格してどっちに行くか贅沢に悩みたいところだ。

寝よう寝ようと思っているがついついアニメ見て夜更かししてしまう。今学期のレポートは後2つで終わりなのでもう少しだけ頑張る。来学期は単位を取るだけなら割と楽みたいなので安心した。

量子力学の黎明期や前期量子論の勉強のために朝永先生の量子力学を読み始めた。計算だけできても物理を全く理解しようとしてこなかった私には適した良い本だと思う。物理学とは何だろうか、も良い本だし朝永先生の書く文章は結構好きなので、量子力学を読み終えたら他にも色々読んでみたい。

今までどうでもいいと勉強してこなかったことを面接で聞かれて大惨事になってしまった。前期量子論がわからない人間に現代物理がわかるはずもなく、現実と知識を結びつける努力を怠ってきたツケがここで回ってきてしまった。抽象的な数学の議論が得意なわけでもなく、現実から目を背けて教科書に書いてあることを写経しているだけでは当然何者にもなれないのだが、その当然のことに気がつくのがあまりに遅すぎた。

数理科学の同じ記事を何度も読み返して「これはすごそうだぞ」と思っているだけで一日が終わる。

 

QFTの計算(くりこみ群やアノマリー)すらできなくなっているので、しばらくは計算練習に勤しもうと思う。ただ僕という人間は愚かなものなので、QFTの計算ができていた僕などそもそもいないのに昔はできたはずだと思い込んでいるだけかもしれない。